2006年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年11月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イルカ煮


皆様、おはようございます~
写真は、あの驚愕なゴボウとコンニャクのイルカ煮です。
見てのとおり、イルカのお肉は真っ黒なのです
どうも、イルカの肉を食べると驚かれるのですが、豚肉も牛肉も同じで事ではないか?と思えるのですが。
イルカはゴボウとの相性が良く、イルカの肉を食べるというより、ゴボウにイルカの出汁を染み込ませるという感じで、ゴボウの方が美味しいと思います。
イルカは、アクの強いお肉なので、アク抜きを何度もします。
食べるのは簡単でも、下ごしらえが大変な郷土食の一つです。

ですから家では、ばあちゃんが作ります^^;

2006-1028-1.jpg

これは、かぶとベーコンのガーリック炒めです。
家庭菜園のかぶが一気に成長し、身割れが多くかぶ料理が連日続きます。ばあちゃんがせっせと漬け物を作ってくれ、おおいに助かります。

で、その後のモモですが、無事に退院できました。
迎えに行ったその日、私はモモの痛々しい顔を見てへこんでしまいました。
あの可愛いモモの顔でなく、顔の毛をそられ、生々しく縫合された傷跡だけがやけに目だっていたから・・

さらに獣医さんからは、かなり気の強い子ですね。といわれ。。
気が強くても喧嘩が強いとは限りませんとも。
家へ帰ってきたモモは安心してその晩ぐっすり眠っていました。

これからも、まだまだ通院が続くのですが(全治1ヶ月)家族の皆が
モモの元気な姿を望んでいるので、早く良くなるよう頑張らないと。
通院は、診察時間夕方7時までの動物病院へ車で15分くらい。
点滴と皮下注射2本、膿のしぼりだしをしてきます。

ですから、しばらくの間、夕ご飯の掲載は無理かもしれません。
予めご承知願います。



 ↑2つのランキングに参加しています。
クリックして応援してください
スポンサーサイト

| 晩ご飯 | 10:10 | comments:6 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

菊となめこのおろし合え


食用菊と大根おろし、なめこを甘酢で合えた一品です。
旬の材料、あり合わせの材料で簡単に作れる魅力のおつまみです。
家の男たちは、なぜか苦手な一品らしい。
(美味しいのにね)

この間から、叔父の不幸、3日後にはお隣のばあちゃんの不幸、
さらに昨日はモモの入院・・・と不幸だけが続きます。
昨日、顔が腫れて来たので急いで病院へ連れて行ったのですが
すぐさま入院、手術となり昨日は緊急入院という形になりました。
どうやら、三週間前に家を脱走した時、喧嘩をしてきたらしく
それが原因となっているとのこと。

傷があったのは気が付いていたのだけど、すぐ直ったので(実は直ったように見えただけ)そのままにして置いたのがイケなかった。
すべて私こと、飼主の責任でこうなってしまったことに心が痛みます。
手術は成功で、午後から一応退院なのですが、これからは通院もしなければなりません。

私より、ばあちゃんの方がオタオタしてしまって、死なせてはイケない!早く良くなってほしい!と落ち着かない様子です。
とりあえず、完治できそうでなにより嬉しい。今はそう思う・・。



 ↑2つのランキングに参加しています。
クリックして応援してください

| 秋田スローフード | 09:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

えびとトマトのチリソース


皆さま、おはようございます
秋田は、寒さ一段と厳しくなり冬へ向かってまっしぐら・・・
最近、コタツだけでなく、ストーブも焚いているのですよ。
夏の暑さより寒さの方がイイわ~♪と強がっては見るものの、
やはり寒いのも嫌いです(^^;

写真は、この間もらった秋トマトとえびのチリソース炒めです。
えびチリは家庭の中華ごちそう!
これはトマトを加えたちょっとした洋風の中華です。

簡単に材料2人前の紹介です。
トマト  2個
えび  200g
ニンニク 1/2
 
合わせ調味料は
豆板醤 小さじ1/2
トマトケチャップ 大さじ1.5
しょうゆ 大さじ 1/2
鶏がらスープの素小さじ 1/4
水1/2カップ

ニンニクから炒めて、えび、最後にトマトと合わせ調味料を加え
仕上げに水溶き片栗粉でとろみをつけて出来上がりです。
超簡単にできますので是非お試しを



 ↑2つのランキングに参加しています。
クリックして応援してください

| 晩ご飯 | 09:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヤーコンのきんぴら


ヤーコンのきんぴらを朝晩食べました。
季節の野菜はビタミン、ミネラルも豊富なのですが、ヤーコンに含まれる
フラクトオリゴ糖は世界一なんだそうです。
サクサクして、味も淡白、おまけに健康維持にも最高の野菜ということでしょうか?
c0073879_15574669.jpg

実家の母の作。(何度も載せてすんません)
後ろの方は、ヤーコンと胡瓜の粕漬け。手前のピンク色の漬物は、赤い紫蘇で色漬けしたヤーコンの酢漬けです。

この漬け物を前に、寅さんちのようにワイワイがやがやと話をしているとヤーコンの漬け物だけが空っぽになったという事もありました。
ついつい、あとを引く美味しさなんですよね。

母は、ありとあらゆる漬け物を作っているので、
まだボケないうちに伝授してもらおうと思います。



 ↑2つのランキングに参加しています。
クリックして応援してください

| 晩ご飯 | 12:06 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鳥海山ブルーライン

2006-1023-5.jpg

写真は先週の日曜日、鳥海山へツーリングへ出かけた息子が写してくれたものです。
鳥海山の5合目までは車もOK!なのですが、そのあとは登山で頂上を目指します。
息子たちが小学の頃は、5月GWには毎年8合目までスキー板を担いで登っていた山です。

鳥海山ブルーライン
鳥海山の8合目まで登る。
簡単にいうけれど、この山で自然の恐ろしさを肌で感じたあの頃。
雪なのに、それはまるで小石が下の方から降ってくるような痛さ。
上からではなく、下から降ってくるんです
さらに、立っているのも容易でないくらいの強風。
そして、下山したら、そこには青い空が待っていた・・・
いったい、あれは何だったの?もう二度と登りたくないと
安堵の胸をなでおろす。
信じられない恐ろしさをこの山で体験しました。

鳥海山ブルーライン
晴天でなければこんな写真は写せないと思いますが、かなり寒かったろうなー?と思います。

2006-1023-3.jpg
キャッホ~
下には日本海が見えてます。雲もすぐ近くにあります。
晴天の日にも登ったことありますが、紅葉の時期はこの写真が始めてデス

晴天と言えば、昨日の日曜日は快晴の秋田でした。
私は、掃除、洗濯、布団干し(座布団も含む)を一日中やってました。



 ↑2つのランキングに参加しています。
クリックして応援してください

| 秋田の風景 | 21:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ごぼう丼


実家から採れたて野菜が届いた。
虫の食った白菜、キャベツ。消毒しないと虫も安心して食べるようで・・( ̄_ ̄|||) どよ~ん
そして、ヤーコン、ゴボウ、人参、秋トマト、レタスです。
ヤーコンにはフラクトオリゴ糖や、ワインよりも多いポリフェノール、豊富な食物繊維と、ミネラルを含んでいるので、毎年栽培してるようです。
食感は、蓮根よりもサクサクして、とっても美味しいです。

2006-1021-1.jpg
写真はゴボウと牛肉の丼物です。
きりたんぽを販売してから、お客様からいただく声として、ゴボウが美味しいと何度も言われました。
この世のものとは思えない美味しさ。
何しろゴボウが美味しかった・・などなど。
ゴボウは、皮を剥いてる時、プンプンと香りが伝わってくるので、
私は当たり前だと思っていたのですが、きりたんぽの評判の良さが
このゴボウにあったとは・・・と、ビックリしたくらいです。
たかがゴボウ、されどゴボウ。脇役ながらも立派にその役目を果たしてくれていたんですね。

って、前置きが長くなりましたが、やはりこのゴボウも牛肉の脇役ではありません。
素直に、ごぼう丼と名づけてしまいました。
2006-1021-2.jpg

ピカピカ新米を写す・・・f(´-`;) あの~・・やはりこれも失敗です。
この間、埼玉県へ出かけ、色々な場所で新米を食べてきたのですが、
粒が小さく、これが新米なのか?と何度も思いました。
ここでは、野菜も巨大に育つけれど、お米の粒もしっかりして大きいのも確かです。お米も甘くて美味しい。



 ↑2つのランキングに参加しています。
クリックして応援してください

| 晩ご飯 | 09:12 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最低気温2℃の秋田


最近、写真撮れてなくて、またまたモモ嬢の登場です。
こんな時、ペットがいて助かります(* ̄. ̄)c
写真は今朝8時頃、庭のなわばりチェックをしているモモ。
とても寒い朝でした。
2006-1022-2.jpg
庭には、すずめさんが遊びにくるので気になって仕方ありません。

2006-1022-3.jpg
目だけですずめさんを追っています。

2006-1022-4.jpg
ここからは、ばあちゃんがモモを連れて
朝晩の二回、家の周りをチェックするのが日課デス。



 ↑2つのランキングに参加しています。
クリックして応援してください

| 愛猫モモ | 10:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

比内地鶏きりたんぽ


一昨日、森元のきりたんぽが届き早速食べて見た!!
森元のきりたんぽは、家内工業で丁寧に作っているので、
どんなに煮込んでも全く煮崩れしない本物のきりたんぽなのです。
もちろん手作業による炭火焼。
家では、毎年、お取り寄せしてます。
といっても、一般の方は購入できない為、もし「きりたんぽ」だけ購入希望の方はメールでご連絡くだされば対応させていただきます。
12月までの限定品、しかも希少品となっております。

比内地鶏きりたんぽ

森元のきりたんぽは、旨いもの屋「省吾」でも取り扱っております。
こちらのきりたんぽは直接お電話にてお問い合わせくださいませ。

本場 比内地鶏きりたんぽ



 ↑2つのランキングに参加しています。
クリックして応援してください

| 秋田スローフード | 10:20 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

World Dahlia Garden


先週の金曜日に写した世界ダリア園の写真です。
ここからは、すぐ近くなのですが車を止めて観たのはこれで2回目です。
8月から10月の開花期には、およそ350種:3500株のダリアが次々と花を開きます。
この間は、球根の天ぷらを食べさせるイベントも開催されたようです。
実は、ダリアの球根って食べたことないんですけど。

2006-1014-1.jpg
コンパクトカメラで写しましたので、すっきり写りません。
向こうに見える山。これは観光栗園デス。
いや、向こうの山ではなく、全く見えてない右でしたわ^^;
行楽の秋には、ダリア園と栗園に訪れる観光客でとても賑やかになります。

2006-1010-6.jpg



 ↑2つのランキングに参加しています。
クリックして応援してください

| 秋田の風景 | 09:26 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

松茸ごはん


日曜日のAM11時頃、葬儀が終わった時点で、私たちは急いで帰路へ向かいました。
他の叔父たちは、修繕寺にある別荘へ私たちを連れて行きたいと言ってくれたのだが、仕事に追われているので今回もパス。
暇な時に是非遊びに来ればいいよ。という暖かい言葉に見送られながら秋田へ向かう。

写真は、途中で食べた「松茸ごはん」
松茸ごはんってこんなに味が薄かったっけ?
松茸の味がしない・・・はて?

花とモモちゃん

二晩も家を空け、一番心配だったのがモモのことでした。
電話で、モモの様子を伺いながらも見るまでは心配で心配で。
そして無事に家へ着き、シャッターを開けドアを開けると、
やはりモモが一目散に迎えに来てくれました。

私は思わずモモを抱き上げ、モモは私にしっかり抱きつき、それは誰が見ても今まで引き裂かれていた恋人同士が、久しぶりに逢った瞬間そのものだったのだ・・(←バカだ!)

そして、モモの声を聞いてビックリ!!
あのかわいらしい声のモモではなく、ダミ声になってるではないか?( ̄_ ̄|||) どよ~ん
声がつぶれるくらい泣いたのか?と家族に質問しながら、私の後をどこまでも追いかけてくるモモが不憫でならなかった。

それから荷物を下ろし、2階の部屋へ行くと・・・
あちゃ~o( _ _ )o~† パタッ
夫の部屋のドアが閉まってる・・・
これか。モモの声枯れの原因がようやく解明。
モモは毎朝、5時に夫のドアの前でニャオーンと鳴いて起こすのです。
夫は、ハイハイ♪とモモの言われるままに起きてフードを与えます。
夫不在の時は、ドアを開けておくとモモは不在という事が分かり、がまんして私の起床を待ち続けます。(えっ早く起きろって?)

ドアが閉まっていた事で、モモはいつまでもいつまでも泣き続けていたんでしょうな~~
ところで、モモのダミ声って直るんでしょうか?



 ↑2つのランキングに参加しています。
クリックして応援してください

| 未分類 | 10:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

土日は


先週の木曜日、叔父の訃報の電話を受け取った。
土日にお通夜、葬儀が行われるとういうので、金曜日の仕事を終えてから夫と二人、車を走らせ埼玉県東松山市まで出かけてきました。
東北道、関越道を通り、到着まで方道7時間もかかりました。
といっても、平均時速はここでは言えない程のスピード・・・
私はマジで恐かった。関越道に入ってからも追い越しばかりだし・・・
自分が仏になるような気分でした^^;

2006-1014-3.jpg
以下写真三枚は、少し空いた時間に出かけた国営武蔵丘陵「森林公園」のものです。

2006-1014-4.jpg

2006-1014-5.jpg




 ↑2つのランキングに参加しています。
クリックして応援してください

| 未分類 | 10:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ねぎの肉巻き

ねぎの肉巻き
週末が近づいてくると、冷蔵庫が寂しくなります^^;
(最近は、夕暮れも寂しいですけど)
1パックしかない豚薄切り肉は、太ネギを巻きフライパン焼いてみました。
人数が多いので、家族を満足させるには、1パックでは足りないのです。
ねぎは裏庭の畑から採ってきました。

青い野菜たちは、もの凄く甘く柔らかく育ち、まさにそれが自慢の土地柄。
稲庭うどんの由来にもある、「三梨で良質の小麦粉が採れる」
とは、ここ、京政、お隣の宮田の地域のことと聞いてます。
さらにここで採れた大豆で、お豆腐を作ると通常の豆の1.5倍の大きさになるとのことです。

・・・しかし、このねぎは生で刻んで食べるとあまり美味しくないのが本音です。
でも、肉と一緒に焼いて食べたら甘くて美味しく仕上がりました。



 ↑2つのランキングに参加しています。
クリックして応援してください

| 晩ご飯 | 09:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まるごとトマトのチーズ焼き


甘みと酸味が濃厚な秋トマトを沢山いただいた。
ここは、トマト栽培してる農家の方も多いのです。
寒暖の差が大きくなる、この時期のトマトが一番美味しいと思う。

写真は、トマトの種をくりぬき、ポテト、ほうれん草、モッツレラチーズ(冷蔵庫に残っていたので)にオリーブオイル、塩コショウをして焼いたものです。ポテト、ほうれん草は最初に茹でておいたものを使います。



 ↑2つのランキングに参加しています。
クリックして応援してください

| 晩ご飯 | 08:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

焼きおにぎり茶漬け

2006-1011-2.jpg
新米の秋田こまち米を焼きおにぎりにし、鮭のハラス、焼き舞茸をのせ、しじみエキスの入ったワカメを入れた簡単なお茶漬けです。
出張続きの夫は、帰宅するとまずお風呂へ入り、そのあと定番の晩酌。
ご飯も食べさせたいな~と言う気持ちからシメはお茶漬けを作ってあげます。
な~んて書くと、良妻賢母のイメージなのですが・・・(* ̄. ̄)c なんか違う?

家では、朝と晩は必ず白米を食べます。お昼は麺類。
これは子供の頃からずっと。ご飯がなければ一日が始まらないというほどお米が大好き。
日本の気候風土が生んだ家庭の味。我が家の家庭の味はお米デス(笑)

2006-1011-3.jpg
昨日届いた一通の手紙。
年間契約をなさってる家族の方からだったのですが、お米が美味しくて友人にも紹介したところ是非ほしい!とのことで、10kgを分けてやったとのこと。
年間契約をいただいてる方へは、手数料無料の振込用紙を先に渡してあるのですが、次回は友人の分も同封くださいとのこと。
私が宣伝しなくても口コミで年々増えていくのが嬉しい
堆肥を使った体に優しいお米。秋田こまちノンブレンド米です。




 ↑2つのランキングに参加しています。
クリックして応援してください

| あきたこまち | 09:36 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ピーマンといかのイタリアンソテー

2006-108-1.jpg
室内を冬バージョンにしたといっても、晩ご飯は、まだ夏だったりして・・
カラーピーマンが大量にあるため、いかを加えてイタリアンソテーにしてみました。


最近、鶏のから揚げ食べてないな?という息子たちのりクエストに答え、3日も続けて食べたから揚げです。連休続きだったので、ニンニクをたっぷり入れてやりました~


 ↑2つのランキングに参加しています。
クリックして応援してください

| 未分類 | 08:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

栗駒山の風景だと思う。


本日、息子が写してくれた風景。ここは皆瀬ダムではないかと思うのですが。
今、不在で聞くこともできず
今年の夏、大型バイクの免許を取得、9月に念願のバイクを購入し、休日の晴天の日は必ずツーリングに出かけています。
家族は皆、バイク乗りに反対なのですが、すんごく楽しそうに出かけて行くので、ガミガミ言わないようにしています。ガミガミ言えるような歳でもないし・・・

2006-109-1.jpg
これはたぶん、栗駒山入り口付近ですね。天辺の方は紅葉も進んでいると思います。

私はこの連休、暇をみて家の中を冬バージョンにしました(笑)
昨日、一昨日は最高気温11度まで下がりかなり冷えこんだため、ストーブはもちろん、こたつまで出してしまいました。
これからは一雨ごとに、どんどん寒さが増していく秋田なのです。



 ↑2つのランキングに参加しています。
クリックして応援してください

| 秋田の風景 | 20:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

栗ごはん

栗ごはん
皆様、こんばんは~
写真がないので、一昨年に写した「栗ごはん」を載せたりして・・
これは、家の精進料理の一つでもあり、黒ごまを使った栗ごはんです。
ここのお赤飯同様、砂糖が入っているのですよ。

前に、TVでも観ましたが、北海道のお赤飯は甘納豆を使っていて、甘いとのこと。
私も、お赤飯は甘いものだと確信していたのですが、甘いお赤飯、合わせて栗ごはんなどなど、もち米料理はみんな甘く作ります。砂糖たっぷりおやつにもどーぞ!って感じ

それから、ネットをやり始めて驚いたこと。
それは、「筋子おにぎり」が全国区ではなかったこと。
「筋子おにぎり」はここではメジャーなのに、
そんなおにぎりは食べたことない!と突っ込まれた記憶があります。

そんなにおかしいのか?どうでしょね。



 ↑2つのランキングに参加しています。
クリックして応援してください

| あきたこまち | 21:50 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

天ぷら


夕べは、天ぷらの写真を一枚写しました(^^;
夕方、カメラを構えて夕ご飯を写そうとすると、その時間帯にやってくる宅配便のお兄さん。
毎日、2社の宅配便のお兄さんたちが回収にやってくるので、のんびりとしてられない。

2006-103-3.jpg
上の写真にチラッと見える赤い天ぷら。
これは、赤いシシトウです。
青いシシトウより甘くて食べやすかったので、朝も裏庭に採りに行き、朝から天ぷらにして食べました。

家では、シシトウやピーマンは、どんどん勝手に実を付けてくれるため、今年は多くのお客様へ同梱という形で送らせていただきました。

タイミングの良いお客様は、枝豆とか、胡瓜漬け、トマトなどなど。

2006-101-2.jpg
トウモロコシはお隣さんからいただいたものです。
夕べ、天ぷらにもしました。




 ↑2つのランキングに参加しています。
クリックして応援してください

| 晩ご飯 | 09:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

舞茸の芋のこ汁


毎度の芋のこ汁に舞茸を加えただけ・・デス f(´-`;)
しかも天然に近い舞茸ということもあり、出し汁が真っ黒になってしまいます。

舞茸は、私たちにとって昔からなじみの深いきのこでもあります。
ここでは、食用きのこの王者というイメージがあり、特に天然ものは、その独特な歯ざわり、味、香りの良さが絶品で、今の時期になると食べずにはいられない。
芋煮にも、きりたんぽにも舞茸なしには考えられないほどです。

鮭とキノコのガーリックライス
今が旬の鮭と舞茸のガーリックライスです。
これは、昨年写したものですが、美味しいので何回も作りましたね。
新米の時期にこういうのもなんですが、美味しいですよ。

作り方
1.鍋に湯を沸かして、塩、酒とさけを入れて5分間ゆでます。さけに火が通ったら取り出し、皮と骨を取り除いて身をおおまかにほぐします。

2.舞茸は小房に分けます。にんにくは横薄切りにして芯を除きます。

3.フライパンにサラダ油とにんにくを入れて中火にかけます。泡が出てきたら火を弱め、返しながらじっくりと揚げ焼きにします。きつね色になってきたら油をきって取り出します。

4.フライパンに残った油を紙タオルなどで少しふき取ってから、舞茸を入れて強火でいためます。少し焼き色がついてきたら、①のさけを加えてざっといためます。

5.ご飯を加えて木ベらで切るようにしながら、しっかりいため合わせます。ご飯に油が回ったらしょうゆを加えていため合わせ、味をみながら塩、こしょうで味を調えます。仕上げにバター、③のにんにくの半量を加えてざっと混ぜます。

6.器に盛ってパセリと残りの③を散らし、こしょうをふります。


以下、稲庭うどんレシピを参照ください。
天ぷらおろし稲庭うどん

焼き舞茸の山掛け「稲庭うどん」



 ↑2つのランキングに参加しています。
クリックして応援してください

| 晩ご飯 | 09:39 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋の到来は食べすぎに注意


毎年送られてくる、秋田の舞茸。
昨日、クール便で届きました~~
ここでは、大自然の中で採れる舞茸もあるのですが、これは、栽培ものです。
ここでコメントしてくれる、みっこ姉ちゃんは天然舞茸も食べて育ったことだと思いますが、天然と比べると若干味も香りも劣る。
それでも、培地を土中に埋め込んで栽培したものなので、天然舞茸に近いものと思います。おがくず栽培の舞茸とは味、香りが違います。
これ、あまりにも多くて、実家へもお裾分けしてやりました。

新米到来とともに最近、食べ過ぎが気になるようになりました。
やはり食欲の秋だなヤ~。ということで本格的な秋の到来です。
年齢が高くなり、年中食欲の秋の感がしないでもないが・・・

それでも毎日、ナイトウォーキングは欠かしません。。
んでも・・美味しいとついつい。って、ついついが毎日続くし。
最近、お腹の出っ張りが気になります(* ̄. ̄)c チョットネ

2006-930.jpg
デザートには梨とかぶどうとか・・・・
甘みが強く、みずみずしいもぎたての梨。
これは、本日の頂きもの。
ここでは、果樹農家の方も多いので、もらったりたまには買ったりしてます。

2006-930-1.jpg
ザクッと切ったらこんなにみずみずしい梨。
梨だから当たり前だっちゅーの!
2006-930-3.jpg
昨日、夫が裏庭に設立した(笑)ガーデンハウスを解体し、これからやって来る冬将軍に備えていると、モモちゃんも外へ出たがって見物させてやりました。
そこへやって来た、近くの小学生1,2年の女の子たち。

モモと遊びたくて時々見えるのですが。
猫を飼ってるかたはご存知かと思うのですが、
モモ・・「ケッ、子供か?」という態度をありありと見せる。
たぶん子供たちには分かりっこないと思うのだが、
私にははっきりと分かるんです。とっても生意気なモモです。

2006-930-4.jpg
ほれ、記念撮影です♪

モモちゃんが赤ちゃん産んだらもらいたいとか、
なんでもかんでも母親に話をしてると思える女の子たち・・・
女の子って、何でも喋るんですね。
モモは赤ちゃん産めない体になったんだよ~
と説明するのも大変なこった~( ̄_ ̄|||) どよ~ん



 ↑2つのランキングに参加しています。
クリックして応援してください

| 秋田の風景 | 14:12 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

2006年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年11月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。