fc2ブログ

第17回川連塗りフェアへ行ってきました!!

川連漆器
土日はお天気も良かったのですが、家に閉じこもってる方が多かったです^^
で、少しは外出をしたわけですが、DIYショップのコメリへ行く序に
カメラを持って、川連塗りフェアの会場へも寄ってきました。 たった一人で・・

買うつもりで出かけたわけではなかったのに、
みごと落とされまして、この器を即購入してしまいました。
実は、一目ぼれだったりして・・ (☆。☆)

漆器は高く、ちゃかほかと購入できませんが、この日は定価の2割引きで買えます。
なので、この器は古関仁朗漆器店から6,400円を4,400円で買うことができました。
さらに、古関さんと会話を深めていくと、箸もサービスしてくれました。(=^0^=)/ ドモニャン♪

お母さん綺麗ですね~。お父さんって男前ですよね~。
なぁーーんてほめまくると、なんらかのサービスがあるかも知れません。( ̄▼ ̄)

で、一目ぼれのこの器は今年の新作なんだそうです。
器の中の食品は、秋刀魚の飯寿司で、横手市の魚屋さんで作ってるものを
毎年もらうんです。

ここの飯寿司は別物で、褒めて褒めて褒めまくって!催促に近い形で入手します。(`・ω・´)b


さて、 

川連漆器
川連塗り=川連漆器は、ここ三梨町のすぐ隣の川連町にある地場産業の一つで、
800年の歴史を持つ国の伝統工芸品となっています。

久しぶりに訪れましたら、ワインクーラーもあったりして!( ゜▽゜;) 


川連漆器
右側の5段重箱の価格は、120万チョッとの価格でございました。(◎_◎)

写真はイマイチですが、装飾に施される繊細な沈金、蒔絵の金箔がお見事なのでした。
私の家にも川連塗りの重箱はありますよ。
でも価格は3万ほどでしたから^^;

桁外れとしか言いようがありませんが、
観るだけはタダなので目の保養に足を運んでくだされば
同じ稲川地区の住民として大変うれしいです。

ちなみに川連塗りフェアは明日までとなっております。Σ(=∇=ノノ 



ランキングに参加してます。一日1クリックで応援していただければ嬉しいです

ただいま、東北ブログランキング5位デス♪(*^_^*)

コメント

athuko

>北ちゃん
ざる使用の器なのですが、
期待されると困ります(笑)

信州にも「木曽漆器」があったんですね。
信州といえば、りんごも有名だし
私も身近に思えてきます。

ただ、距離的には遠いですよね^^;

サンクリーン塩尻

こんばんわ~。

かいりさんとのコメントで納得です。綺麗な器に美味しい稲庭うどん。きっと素敵な画が撮れるでしょうね。(^^)v

そうそう、信州塩尻市の木曽平沢も「木曽漆器」の産地なんですよ。なんとなくご縁があるようで秋田が身近に感じました。(^^)

athuko

>かいりさん

>この漆器に あの稲庭うどんが盛られるのですね。

あ、ばれた?
少々高くても、稲庭うどんが高貴なイメージになるよう
即買いしました^^
でも、光物なので撮影は難しいです。
プロは漆器を敬遠するようですが、
アマの私が使うのってどうよ?と思います^^;

箸は先っぽが滑らないよう工夫してあります。(^▽^)

athuko

>まるちゃん
川連漆器の特徴は、丁寧な下地塗りを繰り返し、
さらに油分の多い艶のある漆を塗るので
撮影には不向きかも知れません。

テカテカするので電気もつけずに写した一枚です^^

>去年、川連塗りフェアに行ってみました。
今年は、一番楽しい時期にどこへも行けず
残念ですね^^;
ま、落ち着くまでの辛抱ということで。(^^;)

かいり

こんばんは athukoさん♪
この漆器に あの稲庭うどんが盛られるのですね。
そして塗り箸ですか。
透明度が増しそうですね。
でも 箸は滑りそうですね♪

歩チっ中です♪

まる

素敵な器♪
お酒か漆器か飯寿司のパンフレットみたい♪
器も構図も盛りつけもさすがです!

去年、川連塗りフェアに行ってみました。
普段あんなにたくさんの漆器を目にすることはないので
「ほぉ~!」「へぇ~!!」「ひやぁ~(@_@)」と見てきただけで
とても手が出ませんでした(^_^;)

見るだけでも素敵ですよねぇ~~(*^_^*)
非公開コメント

athuko

秋田の山で暮らしてますにゃ~ byモモ

ネットショップはこちらから
  ↓
稲庭うどんの麻生孝之商店 inaniwaudon.com



■日経BPセカンドステージ
大人のブログ探訪でこのブログが掲載されました



2008 vol.20 10月10日発行
食いしんぼレシピで掲載されました

■人気blogランキング

■FC2 Blogランキング

■当ブログはリンクフリーですが、写真の無断転載は禁じます。

■レシピのご質問は
分量など適当に作っています
ご質問はご遠慮願います